[株式投資]【その4】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

【その4】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

2014/03/26

907VIEWS

下降トレンド ~短・中期的なリバウンド~

時に株価の下落率が大きければリバウンド(反発)もあります。

ただ単に短・中期的なリバウンドか、それともファンダメンタルズに回帰(戻る)するような、長期的な上昇トレンドに戻る動きなのかをマーケットは迷っていました。下落局面で現金比率を高めようと提案していたA君に対するその時の投資家との軋轢もまた、ものすごいものでした。

「株価が下がっても売らなければ損はでないんだよ。」、「強気で行けばまた株価は戻るよ。」とか「ファンダメンタルズによる上昇トレンドはまだ崩れていないんだよ。」という投資家もいれば、

「株価が反発しようとしているのになぜ現金の比率を高めたままなんだ。どうするんだ」と責め立てたり、「他社で保有している株はみんな上昇しているよ。君は相場観がないよ。他社で取引をやる。」とA君に預けていた資産を引き出してしまった投資家もいました。

常に上昇するのではないかといったプレッシャーにA君は悩みました。

しかし、さまざまな情報を集め、自分自身で分析した結果、この下落トレンドは続くと思ったので「ここで株式の組入比率を上げてはいけない。現金は高めにしておかないと危険だ。」と自分に言い聞かせました。「またつらい日々が続くなあ」と思いながら…。

A君は「下手だ、無能だ、弱気すぎ、貧乏神、マーケットのセンスなし」と投資家に言われ続けながら売り提案を続けていきました。それが長期的に投資家の資産を守ることになると信じて…。

※A君の投資物語は次回へ続きます。

上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。