[株式投資]【その4】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

【その4】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

2014/03/26

1,000VIEWS

下降トレンドへ ~マーケットは安易・先送りを許さない~

冷酷、非情で生き馬の目を抜くと言われるマーケットはそんな安易な方に流れた人を厳しいようですが見逃してはくれません。そこから今までに想像も出来ないような急激な下げを演じることとなりました。A君は少しずつマーケットに対する悪い材料を目にするのですが、それでも売り提案することを躊躇してしまいました。安心させる言葉をかければかけるほど、投資家の資産は株価の下落とともに急激に減っていきました。
 

下降トレンド継続 ~ようやく売り提案へ転換 投資家との軋轢増加~

「株価、下げ止まらず」。連日、新聞の一面を大きく飾っています。

ここにきて、A君は安易な決定や先送りがますます結果を悪くすることにようやく気づきました。A君はここまで何も出来なかったこと、またしなかったことを後悔すると同時に、大きな局面の変化が起こっている現実をようやく受け入れました。

「ここで前と同じように躊躇して安易な方に逃げたらまた失敗するだろう。ここは強く売り提案をしよう」と思いました。

「いままでの長期投資は有効という前提が崩れた可能性があります。株を売って現金比率を高めましょう」とA君は提案します。

「うるさいよ。暗いニースは見たくないし、そんな弱気な話も聞きたくないよ。もう電話してこないでくれ」と強気一辺倒の投資家Eさん。「高値から3割下がっているのに、いまさら売れるわけないでしょ。」と激怒する社長婦人のHさん。「ファンダメンタルズにもとづく長期投資なんだろ。一喜一憂するなって言ったのは君じゃないか」と数々の投資家。

A君は数々の批判の声を受けつつも、少しでも賛同してくれる投資家の株式を処分し、現金比率を高めていきました。
 
その後も株価は容赦なく下がっていきました。

「ここまで下がるんなら、なぜ最初にもっと強く言ってくれなかったの。強く言わないから売ることができなかった。私は高級マンションや高級自動車を買い、今後のパーティー代だってばかにならないのよ。どうしてくれるの?」と感情に任せてA君を責め立てはじめる社長婦人Hさん。

隣で話しているファンダメンタルズ分析重視のB先輩の投資家の声が受話器からもれてきます。「長期投資はもういいよ。株価は現実にこんなに下がっているんだ。」と声を荒げています。B先輩は青ざめています。

A君はその後も、売り提案を続けました。度重なる批判の声にA君も「なんで自分はわざわざ投資家の機嫌を損ねる提案をしているんだろう?つらいな、苦しいな、また前のようにやさしい言葉をかけた方が楽かもしれないな」と思うことも多々ありました。