[株式投資]【その4】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

【その4】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

2014/03/26

937VIEWS

上昇相場、最後の急騰 ~杞憂~

信用取引で売りを推奨していた先輩Cさんの提案むなしく、短期的な下落を乗り越えて、株価はさらに上昇していきます。

先輩Cさんは「RSIが90%以上や、100%になっている銘柄がこんなにあるなんて異常だよ。もう下がるぞ。売りだ。」と何度も叫ぶものの株価はますます上がっていきます。ファンダメンタルズ分析重視の先輩Bさんは「狼少年がまた何か言っているよ」と冷たく言い放ちます。

やさしい口調で年配女性の先輩Dさんは「けんかはやめましょうよ。みんなで仲良くやっていきましょうよ」と雰囲気を和らげてくれ、A君もほっとした気分になります。
 
「株価、青天井」、「今、株を買わずに何を買う」、「旦那の年収を超える株に投資しよう」、「奥様のお小遣いを増やす、素人でもわかる株式基本講座」。お昼のワイドショーでは、連日、株式投資の話が放送され、普段、投資をしたことのない主婦の間ですら、株式投資の話題で持ち切りです。
 
その後も大きな株価上昇が継続し、首を何度も傾げていた先輩Cさんは、次第に青ざめていきます。信用売りしていたところからさらに大きく株価は上昇し、投資家の資産は急減し、破壊的な損失につながっていきました。先輩Cさんはそれ以降、うつろな表情をし、小さな声で「バブルだ、バブルだ」と呟くもののまわりから白い目でみられ、成績も上がらず、誰も耳を貸すことはありませんでした。
 
マーケットが急騰する中、赤字企業や財務的に問題があるような企業ですら、暴騰し、またファンダメンタルズ分析で使われているPER(株価収益率)などが100倍とか1000倍とかの企業もどんどん出てくる状態となりました。A君は引き続き、株価に違和感を持っていたので、ファンダメンタルズ分析重視のB先輩に再びアドバイスを求めます。
 
A君「やはり、こんな株価の動きや強気すぎる投資家の動向に違和感があるのですが。PERが100倍とか1000倍って、ファンダメンタルズ分析でも割高になっているんじゃないですか?ここはいったん利益を確定した方がいいと思うのですが。」
 
B先輩「IT革命は、産業革命と同じような社会を変える、ものすごいものなんだ。これから社会は大きく変わり、人々の生活は格段に向上する。IT関連の設備投資や消費の拡大で経済は大きく伸び、企業業績の成長は著しいだろう。

今、赤字でも財務的に問題があっても、また、PER(株価収益率)などが100倍とか1000倍で割高に見えても、このIT革命で先行きは大きく利益を上げることになるため、長期的には、まったくもって割安だよ。