[株式投資]【その3】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

【その3】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

2014/03/25

1,142VIEWS

A君の株式投資物語』 

日経平均8000円割れ ~株式投資暦30年の親友への相談~

あるところに株式投資をやっている投資歴30年の一人の個人投資家N氏がいました。

つい数年前はITバブルを享受して利益を出していましたが、ITバブル崩壊により、直近では日経平均株価指数は8000円割れという危機的状況に直面し、大きな損失を出してしまいました。

「困ったものだ・・・」思案に暮れていたある日、同じ株式投資暦30年の親友K氏からタイミング良く飲みの誘いがあり、ここぞとばかり相談を持ちかけました。

「こんなに不透明な時代に株式投資を今後も続けていいのだろうか?また続けるのだったらどうすれば長期的に成功することができるのだろうか?」
 
親友は黙ってその話を聞いていましたがしばらくして、鞄の中から一冊の本を取り出し「これを読めばきっと答えが見つかるよ」と言ってその投資家N氏に手渡しました。
 
その投資家は目を輝かせながら表紙に目をやるとそこには

A君の株式投資物語」という題名が。
 
「なんだこれは・・・」
 
投資家N氏はあまりに拍子抜けする題に愕然としてしまいましたが、せっかくの親友の好意を無駄にするわけにはいかないと思い、ゆっくりページをめくり始めました。