[株式投資]アベノミクス実現に向け、リーダーシップを発揮し続けるには?

アベノミクス実現に向け、リーダーシップを発揮し続けるには?

2014/03/14

1,028VIEWS

また、改革を実施し、支持率や改革を評価する株価がその後、下がると気になって気になっていろいろな事に手がつかなくなるとか、イライラして他人に当たり散らしてしまうとか、世論や改革を評価する株価のニュースおよび支持率、株価の値動きすら見たくなくなってしまうとか、世論、改革を評価する株価の動きは間違っていて自分が正しいと正当化し続けるとか、自分が世論、改革を評価する株価からストレスを受けた時に、どのような反応をするのかを理解し、客観的に把握できるようにしておく必要があると思います。
 
私個人的には、支持率や株価の動きで、きっと取り乱してしまうと思うので、一総理としての立場は重すぎて到底できないと考えていますが・・・
 
次にセルフケアの基本的実践法としては、

①生活習慣による方法(例:運動や休養、睡眠をよくとる)

②リラクセーション法(例:腹式呼吸法などを身につける)

③考え方を変える方法(例:「ねばならない」「こうにちがいない」などという考え方など認知療法や認知行動療法で修正していく)

④他への相談(例:友達や仲間へ相談、上司、同僚、メンター、カウンセラーなどへ相談)

などが挙げられます。

また、楽しい映画を見たり、おいしい食事をとったり、趣味に没頭したりと自分の好きなことをすることで気分をリフレッシュし、前向きな感情を持つことや、家族のあたたかい愛に包まれたり、ボランティア・援助など自分を必要としてくれる場所で行動することで自己肯定感を高めることも大事だと考えます。
 
たしか、安倍首相の趣味は、読書、映画鑑賞、水泳だったと思いますので、公務で忙しい中、何やってるんだと言われたとしても、プライベートでは時にそういった趣味に時間を使ったり、奥様と一緒に出掛け、過ごされることもストレスケアとしてとても大事なことだと思います。

自分自身を知り、セルフケアの方法を身につけた後は、「改革の実現に向けた実行・進捗管理手法」を身につけることが重要となってきます。改革の実現性を高めるには、改革を評価する支持率や株価の動向を管理していくことが大事になってきます。