[株式投資]アベノミクス実現に向け、リーダーシップを発揮し続けるには?

アベノミクス実現に向け、リーダーシップを発揮し続けるには?

2014/03/14

956VIEWS

以前、質問をいただいた新入社員の方から再度、質問をいただきました。

「アベノミクス」や「トレード・レジリエンス」の記事を読み、(「より良い投資のためのトレード・レジリエンスを身につける方法とは?」)(「投資を楽しむNISA、アベノミクス、法人税のパラドックスとは?」)民間の活力を伸ばし、競争力を高めていくことが必要とされる中、リスクをとってチャレンジし、失敗することへの許容度を高め、日本の社会で「レジリエンス」を全体的に伸ばしていくことが、日本経済や日本企業の真の長期的な競争力を高め、より良い成長の達成やより良い社会を作り上げていく一つの方法ではないかという見方があることがわかりました。

また、「法人税のパラドックス」の記事で、そのデータと根拠を集めた上で、短期的な痛みを乗り越えた先に長期的な明るさがあることを示すことで、財務省と国民を説得し、日本の復活に向けた「アベノミクス」実現に向け、安倍首相が『リーダーシップ』を発揮できるのかどうかが大事だということも分かりました。

私は、TVで見ただけですが、以前、小泉内閣下で構造改革を推し進めようとしていた竹中平蔵・元金融担当大臣が、既得権益者からものすごい批判や抵抗を受けていたのを見て、日本で構造改革を実施しようとするには相当なプレッシャーやストレスがかかるのではないかと感じました。

そうしたことを踏まえ、今回、安倍首相が相当なプレッシャーやストレスがかかる逆風下、『リーダーシップ』を発揮し続け、日本の復活のため、構造改革を強く推し進めていくことが本当にできるのでしょうか?他の投資家の方はどのように見ているのでしょうか?少し教えていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

その質問への回答は、先日、長年の投資歴があり、株式投資に詳しいある病院の男性医師の方とお話しした時に、興味深いお話を伺ったので、ここに紹介することで代えさせていただきます。